トランスメディア提供アイコン01 メイプル島愛好会外伝~幻の木箱バトル~

兄さん大変です

皆さん、お久しぶりです。ほぼ半年ぶりになるのでしょうか…

活動停止中でも最近息抜きによくかりんの初島にログインするようになりました。
今から語るのは昨日起きた珍しい出来事――


昨夜ログインすると4,5人ほどの愛好会関係者さんが居合わせていました。
しかも会長の初強さんまで!
初強兄さんは「ただなんとなくIN」しただけとのことでしたが……

ふと目を遣ると、そこに木箱があったので兄さん、ライさん、理真さん(以下「りっさん」)と居合わせた中、中身を確認してみることにしました。

さて、「何がでるかな?」


b0119858_932454.jpg
貯金箱の如く箱を叩き壊すとそこにあったのは何と橙色の薬とメル銭。
愛好会内のポイントでは橙色の薬が5ポイント、メル銭が1ポイントで合計6PなGood point!

ルールは会長の兄さんがかつて作ったこちらのページのメイプル島イベントの項目をご覧ください。
「何が出るかな?」ゲームに関しては、当時とルールは同様です。


この後兄さんは茫然とした私の結果を撮影すると、忙しそうに去って行きました。
しかし、問題はこの後の出来事だったのです。

りっさんも箱の中身が気になりだしたようなので「何が出るかな?」バトルに誘ってみることにしました。

ドコッ
   ドカッ
      ガシャーン
b0119858_9325666.jpg
なんと、中身は同じ物だったのです。
これで同点なのでもう1ターン決戦ができることになります。

さて、私の番
「何が出るかな?」
ズバッ
    グシャ
        ズバーン

b0119858_933362.jpg
なんと、再び珍しい「6Pコンボ」と、「もう一度叩ける」林檎を出しました。
これが愛好会での本番ならば、会員の皆さんの中から歓声とブーイングが湧き上がっていたことでしょう。

しかし、ガッカリながらもう一度別の箱を壊すと中身は空気。
残念ですがそれでもこの12Pで勝敗は決まったことでしょう。

私自身の勝利はもうこの時で確信していました。






b0119858_933868.jpg
ここでまさかの「同点だ!」

なんという…高ポイントの長期戦になるなんて…

もうこれ以上の奇跡なんてない。
なんだか満足したのでお互い12Pの同点で終わらせようかと考えました。

りっさん「いいえ、続けましょう」

その一言が私の気持ちを傾けました。
そのときのりっさんの眼は輝いていました。
これ以上の奇跡があるんじゃないかという期待の眼差しで。

「わかりました」私は答えました


「ネタのために!」


b0119858_9331481.jpg
その直後私が出したものはいつも見慣れた、天然の手作り感の漂う濁ったオレンジ色の液体の入ったボトルでした。
そのボトルの傍らには、まるで相棒のように「彼」に仕えているメル銭が。

私のポイントは、このバトルのおかげで18Pになりました。


「りっさん、次で決めてしまいましょう!」
b0119858_9332094.jpg

ぐ・・・もう一回!
次なのか…?


b0119858_9332722.jpg
りっさんは最後の箱の中を確認した。
ところが、そこにはもうオレンジ色の君の姿は見えなかった。

ライさんのお腹の声が、切なく鳴いた。
[PR]

by 3ton | 2009-05-09 11:00 | maplestory

<< アルファロボが倒せない 遺産 >>